乾燥肌の人の化粧品

肌の調子

その日のメイクを肌に残しておくと、シミやくすみ、ニキビなどの原因にもなり、肌を老化させてしまいます。 しっかりとメイクを落とす必要がありますが、クレンジング剤には肌を守っている皮脂膜やセラミドなども一緒に落としてしまいます。 そのため、乾燥肌の方はこれらの潤い成分を、どれだけ奪われないようにするかが大切です。 避けた方が良いクレンジング剤としては、手間なくつるんとメイクが落ちる洗浄力の高いタイプです。 オイルタイプやお風呂の中でも使えるタイプなどは、汚れ落ちが良い反面界面活性剤が多く含まれているため、乾燥肌には皮脂の取りすぎになってしまいます。 また、シートタイプやローションタイプの拭き取るクれんじグ剤も、乾燥肌は避けるようにしましょう。 拭き取る時に肌に刺激を加えてしまうため、肌にダメージを受けてしまいます。

女性の7割が乾燥肌だと言われているくらい、肌の乾燥に悩んでいる方がいらっしゃいます。 洗顔による洗いすぎやクレンジングによる落としすぎなど、過剰な落とすケアで乾燥肌になってしまうのです。 汚れを落とすのは重要ですが、やはり使うクレンジング剤の洗浄力やクレンジング方法にも気をつけなくてはなりません。 皮脂はべたついてニキビやくすみなどの肌トラブルの原因になりますが、肌をダメージから守る皮脂膜の役割もしています。 しっかりメイクを落とすということは、この皮脂膜や肌の保湿をしているセラミドなどの潤い成分まで取っているという、取りすぎのケアになってしまいます。 そのため、汚れのみを落として皮脂やセラミドなどを落とさないクレンジング剤を使用して、肌を労わるように優しくメイクを落とすのが大切です。